16時間断食のメリットを後押しする緑の食べ物

「16時間断食が楽って聞いたけど、どうなの?」
「話がおいしすぎ。なんか怪しい」

「16時間断食」というダイエット法が、楽に痩せることで有名です。
しかし、「楽に痩せる」という話には落とし穴がつきものですよね。
本当に楽かもわかりません。

そこで、16時間断食(正確にはリーンゲインズ)を1年以上続けている筆者が、16時間断食のメリットとデメリットを紹介します。
デメリットには対策も説明しますので、より実践しやすくなりますよ。

16時間断食のメリットとデメリット

16時間断食には、主に3つのメリットがあります。

  • 食欲が落ち着く
  • アンチエイジング
  • 集中力が長続きする

そして、デメリットは以下の通りです。

  • 慣れるまでは空腹感がつらい
  • 筋肉が減りやすい
  • 食べすぎて太ることもある

16時間断食のやり方

16時間断食とは、1日のうち16時間は何も食べない食事法です。
残りの8時間内なら好きに食べてかまいません。

ダイエッターなら「16時間ダイエット」「8時間ダイエット」
ボディビルダーなら「リーンゲインズ」
健康を意識する人なら「プチ断食」など、様々な呼び方があります。

断食の時間は16時間が一般的ですが、男性なら14~16時間、女性なら12~14時間が目安です。

16時間の断食期間には睡眠時間も含まれます。
朝夕のどちらか1食を抜くことが多いです。
なお、断食だけでは筋肉が減ります。
筋肉を維持するための筋トレを忘れずに

リバウンドしたいなら、筋トレしなくてもいいですよ。

あわせて読みたい

16時間断食のメリット

16時間断食には、主に3つのメリットがあります。

  • 食欲が落ち着く
  • アンチエイジング
  • 集中力が長続きする

食欲が落ち着く

16時間断食の1つ目のメリットは、食欲が落ち着くことです。

プチ断食は食欲を減らす効果が高いです。
その効果はカロリー制限よりも高め。

参考:「プチ断食」でどれだけ痩せられるの?|パレオな男

慣れるまでは空腹感に悩まされますが、一時的なものです。
自然に食べる量が減るので、カロリー制限よりは楽にダイエットできます。

アンチエイジング

16時間断食の2つ目のメリットは、アンチエイジングです。

16時間断食により、オートファジーが働いて、古い細胞を分解します.

古い細胞を分解すということは、老化を防ぐということ。

炎症が減り、アンチエイジングになります。

集中力が長続きする

16時間断食の3つ目のメリットは、集中力が長続きすることです。

16時間断食に慣れると、集中できる時間が伸びます。
血糖値が安定するためです。

何か食べると血糖値が上がりますよね。
その少し後にインスリンが分泌、血糖値が下がります。
この血糖値の変動により、集中が途切れます

16時間断食中は糖質を摂らないため、血糖値が安定します。
なので、集中力が長続きするんです。

16時間断食の3つのデメリットと対策

負担が少なく、健康的に痩せられる16時間断食ですが、デメリットもあります。
以下の通りです。

  • 慣れるまでは空腹感がつらい
  • 筋肉が減りやすい
  • 食べすぎて太ることもある

16時間断食の3つのデメリットとその対策を紹介します

慣れるまでは空腹感がつらい

16時間断食の1つ目のデメリットは、慣れるまで空腹感がつらいことです。

16時間断食は、朝食または夕食を抜くようなものです。
食事による血糖値の上昇がなくなるので、慣れるまでは空腹感に襲われます。

1週間ほどで楽になりますが、あまりにもつらいときには以下のことをお試しください。

  • 朝食を遅くし、夕飯を早める
  • 朝食をプロテインのみにする
  • 夢中になれる趣味を用意する

朝食を遅くし、夕食を早めれば、断食の時間が長くなりますよね。
朝食を9時、夕食を17時にすれば、16時間断食になります。
少しずつスライドすればいいんです。

朝食をプロテインだけにすれば、血糖値を上げずに満腹感を得られます。
不足しがちなタンパク質も取れますよ。

何かに夢中になって、食事を忘れたことはありませんか?
夢中になれる趣味を用意して、断食時間中に楽しみましょう。
休日だけでも16時間断食を実践すれば、平日の空腹感が減ります

筋肉が減りやすい

16時間断食の2つ目のデメリットは、筋肉が減りやすいことです。

16時間断食中は、筋肉の分解が加速します。
糖質の枯渇状態が続くためです。

16時間断食によってオートファジーが働けば、体脂肪を燃やしてエネルギーにできます。
しかし、体脂肪を燃やすためには糖質が必要です。
この糖質を補うために、筋肉の分解が進みます。

16時間断食は、3食に比べると筋肉が減りやすいです。
しかし、週2回以上の筋トレと十分なタンパク質を摂取すれば、分解した分以上に筋肉が増えます

筋肉を増やしたいときは3食(効率を求めるなら6色)。

体脂肪を落としたいときは16時間断食。

目的に応じて使い分けると良いでしょう。

食べすぎて太ることもある

16時間断食の3つ目のデメリットは、食べ過ぎです。
あることに気を付けないと食べ過ぎて太ります。

16時間断食の特徴の一つが食欲の減少です。
食べる時間を制限することで、食べなくても平気になります。

しかし、以下の条件を満たすと食べ過ぎてしまうかもしれません。

  • ストレスが溜まっている
  • 8時間の間に、加工食品、特にお菓子を食べた

加工食品の多くは砂糖や塩、油が使われています。
実は、糖質・脂質・塩分には中毒性があるんです。

お菓子はマイルドドラッグとも呼ばれるほど依存性があります。
16時間断食をしてもお菓子を食べれば太るんです。

「16時間も我慢したから」と言い訳しながら食べ過ぎてしまう。
そんな事態を避けるため、お菓子の代わりにフルーツやナッツを食べることをおすすめします。

16時間断食について正しく知り、楽に痩せよう

16時間断食のメリットとデメリットを紹介しました。

16時間断食には、主に3つのメリットがあります。

  • 食欲が落ち着く
  • アンチエイジング
  • 集中力が長続きする

そして、デメリットは以下の通りです。

  • 慣れるまでは空腹感がつらい
  • 筋肉が減りやすい
  • 食べすぎて太ることもある

16時間断食は、カロリー制限よりも楽に効率よく痩せられます。
日常に取り入れれば体重維持にも苦労しません。

太りにくい生活でおいしいものをたくさん食べたくありませんか?

あわせて読みたい