チートデイに食べない方がいいものとは

「チートデイでは好きなものを食べてもいいというけど、ダメなものはないの?」
「苦労して痩せたのが台無しになるのでは?」
チートデイについて知っても、実践を考えると不安になりますよね。

チートデイのやり方やメリットを説明し、おすすめの食べ物や食べないほうがいいものを紹介します。

チートデイとは好きなものを食べていい日のこと

チートデイとは、好きなものを食べていい日のことです。
ダイエットをしていると、低カロリーに体が適応しようとして、基礎代謝が下がります。
カロリー制限を続ければ、どんどん痩せにくい体になってしまうのです。

基礎代謝の低下を避けるために、そしてダイエットの我慢のストレスを軽減するために、好きに食べていい日を設けるんです。

チートデイのメリット

基礎代謝が上がる

チートデイでカロリーを多めにとれば、基礎代謝が上がります。

摂取カロリーを減らした状態が続けば、今のカロリーで体を維持しなければなりません。
維持のために基礎代謝が落ちます。
カロリー制限を続ければ、基礎代謝は下がり続けます。

定期的にカロリーを多めにとれば、体が安心して代謝が以前の状態に近づきます
下がった状態から上がるのです。

食欲を抑える

たまに大量に食べることで、食欲を抑えることができます。
レプチン(食欲抑制ホルモン)の分泌量が元に戻るためです。

人の食欲はグレリン(食欲増進ホルモン)とレプチンのバランスでコントロールされています。
摂取カロリーが減ると、レプチンが減って空腹感が強くなります。
この状態で維持カロリー以上のカロリーをとれば、レプチンの分泌量が以前の状態に戻ります。
すると、食欲が戻ってダイエットが楽になります。

マジメにダイエットをしているのに痩せないときは「チートデイ」が必要かもしれない|パレオな男

モチベーションの維持

チートデイを決めると、ダイエットのモチベーションを維持しやすいです。
明確な目標ができるため、「この日まで頑張ろう」という気持ちになれます。

チートデイのやり方

目安の頻度は1,2週間に1日

チートデイの頻度の目安は1,2週間に1度です。

チートデイの間隔が短すぎるとなかなか痩せません。
まずは週1で試し、慣れてきたら間隔を伸ばしていくとよいでしょう。

ただ、間隔が長すぎると、脂肪燃焼を促すホルモンの分泌量が減って痩せにくくなります。
長くても2週間に1日はチートデイにしたほうがいいです。

食べる量の目安は一日の消費カロリーを超える程度

チートデイの食べる量の目安は、一日の消費カロリーを超える程度です。
維持カロリーをオーバーすれば特に制限はありません。

チートデイの目的の一つは、ストレス解消です。
我慢したら意味がありません。

おいしいものを好きなだけ食べましょう。
ただし、食べ過ぎて気持ち悪くならないように。

ダラダラ食いが禁止

チートデイは好きなものを食べていい日ですが、注意点があります。
ダラダラ食いは禁止です。

チートデイだからと言って、テレビを見ながらポテチをかじるのはNG。
チートデイの目的は、ストレス解消と基礎代謝の回復です。

頑張ったご褒美と今後のダイエットのために食べます。
「口が寂しいから」という消極的な理由ではありません。

もしもダラダラ食べてしまう場合は、以下のようなルールを追加するといいでしょう。

  • 食べたいものを決めて、チートデイの日だけ食べられる。
  • 好きなだけ食べていいけど、食事のタイミングは維持する。
  • 1食だけ食べ放題にする。

ダラダラ食いは太るだけでなく、自制心にも影響します。
ダイエットを諦めますか?

ダイエット中は食べたくない人向け チートデイのおすすめの食べ物

チートデイは、基本的には食べたいものを食べてかまいません。

また、チートデイだからと言って、無理にお菓子を食べる必要もないのです。

あまり食べたくないなら「高カロリーだが体にいいもの」を食べるといいでしょう。

チートデイのおすすめの食べ物は以下の通りです。

  • フルーツ
  • イモ類
  • ナッツ類
  • 発酵した乳製品
  • ダークチョコ

フルーツ

チートデイのおすすめの食べ物はフルーツです。
糖質を摂ることで、脂肪燃焼ホルモンの分泌量を増やすためです。

カロリー制限しているときは糖質を控えがちですよね。
糖質はわかりやすいエネルギー源なので、控えるだけで摂取カロリーを抑えられます。

しかし、糖質が足りないと甲状腺で作られるT3(脂肪燃焼ホルモン)の量が減り、コルチゾール(ストレスホルモン)が増えます。

糖質を摂ることで、ホルモンバランスを整えられます。
また、フルーツなら糖質だけでなく、ポリフェノールやフラボノイドなどの抗酸化物質も豊富です。
カロリー制限によるダメージから回復してくれます。

イモ類

イモ類もフルーツと同様に糖質が豊富です。
しかし、イモ類がフルーツと異なるメリットがあります。

満腹になりやすいことです。
甘いフルーツに比べると、ジャガイモやサツマイモはそれほど多く食べられません。

お腹いっぱいになるまで食べても、摂取カロリーはたかが知れているはず。
「食べた」という気分になりたいならイモ類を食べるといいでしょう。

ただし、ポテトチップスなど油がたっぷりなものは食べ過ぎるので、避けたほうがいいです。

ナッツ類

ナッツ類もチートデイにおすすめです。
良質な脂肪酸を多く摂取できます。

ダイエットでよく進められるナッツですが、チートデイにも有効です。
細胞の材料になる良質な脂肪酸が豊富に含まれています。

また、少量でも高カロリーなので、あまり食べたくないときでも摂取カロリーを増やせます

発酵した乳製品

チーズやヨーグルトなど、発酵した乳製品もチートデイにおすすめ。
高カロリーかつ乳酸菌が取れるためです

ダイエット中はタンパク質優先の食事をしやすいため、腸内環境が悪くなりがち。
生野菜を多めに食べていても、タンパク質多めでは悪玉菌が繁殖しやすいです。

ダイエットで悪化した腸内環境を整えるために、チーズやヨーグルトをおすすめします。

ダークチョコ

チョコレートもチートデイにおすすめです。
良質な脂肪酸を含むだけでなく、カカオポリフェノールによる抗酸化作用も期待できます。

特にダークチョコはカカオの割合が多いため、上記のメリットも大きくなります。
ただ、カカオの割合が大きいほど苦いです。

無理せず、おいしく食べられるものを探しましょう。
ちなみに、僕は70%くらいのダークチョコが好みです。

チートデイでも食べない方がいいもの

チートデイでも食べないほうがいいものお伝えします。

  • 菓子パン:高カロリー。2,3個で1日分の消費カロリーに匹敵するものもある。
  • ポテトチップス:ダラダラ食いしやすい、太りやすいお菓子。

どちらも安いので、大量入手が可能な食べ物です。
食べちゃダメとは言いません。
ただ、自制が効きづらいので、なるべく避けたほうがいいでしょう。

マックやピザ?
ダイエット期間中に窓口で大量注文できますか?

せっかくのチートデイです。
安くて大量に食べられる菓子パンよりも、少しいいものを食べませんか?

まとめ

チートデイについて説明しました。

チートデイのおすすめの食べ物は以下の通りです。

  • フルーツ
  • イモ類
  • ナッツ類
  • 発酵した乳製品
  • ダークチョコ

逆に、食べないほうがいいものは以下の通りです。

  • 菓子パン:高カロリー。2,3個で1日分の消費カロリーに匹敵するものもある。
  • ポテトチップス:ダラダラ食いしやすい、太りやすいお菓子。

チートデイを設けたほうが、気が楽だし、痩せやすくなります。
ただし、限度があるので、食べるものを選んだほうがいいでしょう。

痩せるためのダイエットで、わざと10000kcal食べて翌日気持ち悪い、なんてことがないように。

あわせて読みたい